189 PROJECTとは

 

虐待で傷つく子どもは、もう見たくない。

虐待相談における主な虐待者の多くが実の父母。その裏には、核家族の増加による孤独な育児環境、父親の子育てに対する無理解、経済不況等世相の影響などが複雑に絡み合っているといわれています。
子どもに対する虐待行為をさせないためには、保護者の子育て環境の見直しや支援が必要であるとともに、現に起きてしまっている虐待については、早期発見と早期対応が望まれます。
ハッピーメディア(R)児童虐待防止運動は、地域ぐるみで子育てを見守る土壌を作ることで、虐待防止を目指します。

 


 

子どもの笑顔はじける地域へ。
地元情報誌ができること。

児童虐待は私たちの身近なところで起こっている可能性があります。「子どもの悲鳴を聞いた」「不自然なアザがあった」「ひどく落ち着きがなく乱暴」など、地域に暮らす私たちだからこそ気づけること、できることがあります。一人ひとりが地域の子育て家庭を温かく支える「見守り隊」になること、これが子どもたちの未来の希望を守ることにつながると考え、全国でフリーマガジンを発行する媒体社から児童虐待防止運動を呼びかけていきます。

もっと詳しく

 
パソコン用の画像スマホ用の画像

読者の皆さまの投稿はこちら

 
 

児童相談所に寄せられた事例
 「妊娠22週を過ぎてますね」。お医者さ
「しつけ」か「暴力」か母との認識の違い
互いへの思いやりで夫婦ゲンカは減らせる

相談事例 一覧へ

 
 

協賛

この取り組みを地域で応援する企業を紹介します。こちらのページでは各県の協賛をランダムで表示しております。
他、協賛の紹介につきましては下記協賛一覧よりお進みください。

職人直営にこだわり「心・技・色」の精神を
「あなたと、コンビに、ファミリーマート」
当店では、食肉流通から徹底した無駄を省く
社会福祉法人 一陽会は、2006年に医師
もっと詳しく

 
 
 
 

PAGE TOP
error: Content is protected !!
MENU